01

英語力を伸ばす

イングリッシュコミュニケーションで英語を使う自信をつけよう

グローバルな舞台で活躍するためには、語学力だけでなく、自ら考え発信する力が必要です。「イングリッシュコミュニケーション」は、英語でのコミュニケーション能力を高めることを目標とするプログラムとなっており、世界の英語教育をリードするブリティッシュ・カウンシルに委託して実施します。

講師は全員、英語を外国語として教える国際資格を持つネイティブスピーカーで、プログラムは千葉大学の学生に合わせてカスタムメイドされています。

少人数、レベル別のクラスで学ぶことで、一人一人のニーズや積極性に応じた授業を受けることができます。
「イングリッシュコミュニケーション」に参加し、自分の考えを英語で発信できるグローバル人材を目指しましょう!!!

イングリッシュコミュニケーション

イングリッシュ・ハウスで英語をアウトプットしよう

授業で英語を学んでも、教室の外ではほとんど英語に触れない…。
英語に興味を持っていても、使う場がない… そんな風に思っている人はいませんか?
イングリッシュ・ハウスは、『くつろぐ、英語を話す、英語を学ぶ』をコンセプトに2012年12月に総合学生支援センター内にオープンしました。

1階部分のイングリッシュ・ラウンジは、リラックスしながら英語に慣れ親しむことができます。スチューデント・アシスタント(SA)と話をしたり、英語の雑誌を読んだり、英語を練習するのに絶好の環境です。ラウンジでは、インターネットテレビの放映もしています。

2階のイングリッシュ・サポート・センターでは、ネイティブの英語教員による個別レッスンや、ワークショップなどで主体的に英語を学ぶことができます。英語試験対策やコミュニケーション英語を学ぶ正課授業も実施しています。留学生とパートナーとなり、学びたい言語を教え合うLEX Programme(ランゲージ・エクスチェンジ・プログラム)も行っており、学生の国際交流の場ともなっています。

EnglishHouse

02

世界や日本をもっと知る

『国際日本学/Global Program for Japanese Studies』で世界と日本をもっと知ろう!

リーダーシップを持って、積極的に国際社会に関与・貢献できる人材=グローバル人材、skipwiseプログラムはそんな人材を育成するプログラムです。

skipwiseプログラムでは、 グローバル人材として活躍するための道しるべとして、「国際日本学」を設立しました。「国際日本学」は、グローバル社会で活躍するための素養を身に付けるために最適な科目を、バランスよく設定した学問です。

国際日本学は、日本文化や異文化理解を深める科目や、コミュニケーション主体の英語学習、国際インターンシップ、ボランティアなど、様々な学びのスタイルで構成されています。国際日本学で、語学力を磨き、さらには異文化理解を深め、自らの考えをグローバルな舞台で発信できる人材を目指しましょう。

国際日本学

アクティブラーニング科目で、「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ

アクティブラーニング科目は、教員による一方的な講義形式の教育とは異なり、学習者の能動的な学習への参加を取り入れた教授・学習法の総称で、千葉大学のウリの一つとなっています。また、国際日本学のセミナー型・プロジェクト型科目については、アクティブラーニング科目を中心に構成されています。

日本人学生と留学生が一緒に受講する科目や、海外で協定校の学生と一緒に学ぶ科目なども用意され、英語を学ぶのではなく、英語で学ぶことができます。

アクティブラーニング科目で求められる、批判的思考や自ら考えて学ぶ姿勢は、まさにグローバル社会で求められる人材像です。アクティブラーニング科目を学び、積極的に自分の意見を発信できるグローバル人材を目指しましょう!

「アクティブラーニング科目」って?
第1ターム、第2ターム
第4ターム、第5ターム
英語で行う -Japanese Studies-

日本の文化、社会、政治・経済、科学技術等に関する知識と理解を深める授業です。英語で情報を収集し、様々な国の人たちと英語で意見交換をしてその理解を深めることで、自ら発信できる力が身に付きます。

二言語併用の -Japanese Studies-

日本の文化、社会、政治・経済、科学技術等に関する知識と理解を深める授業です。日本語と英語を用いて行われます。まだ、英語だけの授業では不安でも、臆さず英語でコミュニケーションができる自信がつきます。

集中(8・9月、2・3月)
*授業は英語で行われます
海外協定校で行う授業 -Global Study Program-

千葉大学と海外の協定大学が連携して実施する、英語によるワークショップ形式の共同学習プログラムです。
ファクト・ファインディング、グループディスカッション、ミニプレゼンテーションから最終プレゼンテーションまで、文化的背景の異なる学生同士が小グループで共同作業を行い、積極的にコミュニケーションを図ります。

海外協定校で行う授業 -Global Field Work-

初めて留学に行く学生や中級程度の英語力をもつ学生を対象としたビギナーズ向けの留学プログラムです。コミュニケーション英語やプレゼンテーション英語の学習に加え、現地文化や言語に関する学習を行います。英語授業はグループディスカッションやペアワークを中心とした受講者中心の授業となっています。

千葉大学で行う授業 -Global Project Work-

日本の社会、文化、政治・経済、科学技術など、様々な側面から日本を英語で紹介する資料を作成し、プレゼンテーションを行う授業です。自らテーマと内容を決め、どのように紹介すれば文化的背景の異なる人々が理解しやすいのかなど、参加学生間で議論を行いながら授業を進めます。

03

世界を舞台に学ぶ

海外留学で、世界を舞台に学ぼう!

留学は特別なこと、みなさん、そんな風に思っていませんか? skipwiseプログラムでは、留学を特別なこととしてではなく、 カリキュラムの一環として位置づけ、海外体験をしたい学生の皆さんを強力にサポートします。

どんなプログラムがあるの?
海外派遣留学
プログラム

学生間交流協定大学・研究機関に、交換留学生として留学(12か月以内)するプログラムです。 留学先で修得した単位は千葉大学の単位として認定申請をすることができます。 また、留学期間は卒業に必要な在学期間として認められます。 海外派遣留学プログラムについては、海外留学支援室で相談対応しています。

海外留学支援室HP
短期留学プログラム

千葉大学では2~4週間程度で実施する多様な短期留学プログラムを実施しています。期間的、費用的に長期の留学が難しいという場合でも、多様な短期留学の中から自分に合った目的・派遣先のプログラムを選ぶことができます。

もっと詳しく知りたい!
千葉大学
海外留学ガイダンス

千葉大学における全学募集型留学プログラムを一挙に紹介する「千葉大学海外留学ガイダンス」を、毎年4月と10月に実施しています。留学に興味はあるけれど、どのプログラムに参加したらよいか迷っている、各プログラムの特徴を知りたいという方は、海外留学ガイダンスに参加して自身のニーズに合ったプログラムを見つけてください。

千葉大学留学フェア

各国の大使館、公的機関が留学情報を紹介する「留学フェア」を毎年10月に実施しています。英語圏の国にフォーカスし、各国への留学形態、留学準備の進め方、語学・成績要件、留学費用等に関する情報などについて紹介しています。

資料がほしい!
千葉大学海外留学
ガイドブック

千葉大学の留学についてまとめたガイドブックです。全学対象プログラムの一覧や、各プログラムの語学レベル別分布図などを紹介しています。

海外留学ガイドブック Fall2018
グロすご
(グローバルすごろく)

千葉大学の留学プログラムの構成や、各プログラムに伴う奨学金について紹介する新しいリーフレットです。 留学プログラム等の参加費用(おおよその金額)と、申し込み可能な奨学金の情報について掲載されています。

グロすご
留学

04

国際的な社会体験をする

グローバルインターンシップ&グローバルボランティアで国際的な社会体験をしよう!

skipwiseプログラムでは、英語によるコミュニケーション能力やグローバル環境下での適応力を育成するため、国際的な社会活動に従事するインターンシップやボランティアの機会を提供しています。

成田国際空港での外国人旅行者への案内ボランティア、発展途上国におけるインフラ整備ボランティア、そして海外企業でのインターンシップなどがあります。
グローバルインターンシップやグローバルボランティアに参加し、語学力、コミュニケーション能力、そして世界で通用する実行力に磨きをかけましょう。

国際体験