英語

「英語」区分は、英語でのコミュニケーション能力を高めることを目標とした科目群です。普遍教育科目の英語科目により構成される「英語科目」区分と、普遍教育科目の教養展開科目及び専門教育科目で構成される「専門/展開英語」の2つの科目群に区分されています。2020年度以降入学者を対象としたInteraction、Presentation、Discussion、Writing、CALL、Critical Thinking in English、English for Specific Fieldsに該当する英語科目は国際日本学の「英語科目」区分に該当します。

「英語」区分の修了要件 (2020年度以降入学者)

「英語」区分の英語科目については、最低修得単位は6単位、修了要件単位に算入できる上限単位数は10単位です。専門/展開英語については、最低修得単位は2単位、修了要件単位に算入できる上限単位数は8単位です。

 

国際日本科目英語留学修了要件
単位数
講義型 セミナー型
プロジェクト型
英語科目 専門/展開英語 短期留学 長期留学
(単位互換)
2-20 6-10 2-8 4-8

30


「イングリッシュコミュニケーション」区分の修了要件 (2016~2019年度入学者)

2019年度以前入学者は「英語」区分ではなく「イングリッシュコミュニケーション」区分となります。「イングリッシュコミュニケーション」区分について、最低修得単位は8単位、修了要件単位に算入できる上限単位数は24単位です。

ゲートウェイイングリッシュ
コミュニケーション
留学国際体験修了要件
単位数
講義型 セミナー型
プロジェクト型
短期留学 長期留学
(単位互換)
インターンシップ ボランティア
1-10 0-10 8-24 4-8 2-4

30

  • 2015年度以前入学者の修了要件は上表とは異なります。2015年度以前の国際日本学修了要件の詳細は、PDF版「国際日本学」でご確認ください。

イングリッシュコミュニケーション

普遍教育のイングリッシュコミュニケーションは、少人数のグループで、ネイティブの講師と学ぶ科目です。身近なトピックを使って楽しみながら英語でのコミュニケーションを学ぶクラスです。この授業を通じて、多くの人が最も苦手とする英語のスピーキング能力を高めることができます。



授業シラバス

授業内容はターム及びレベルごとに異なります。下表のレベル名をクリックするとシラバスを確認できます。また、シラバスは学生ポータルからもご確認頂けます。

  • 授業担当教員は本学の担当教員名が記載されていますが、授業を実際に担当するのは英語のネイティブ講師です。
  • 授業科目名末尾のアルファベットは、各タームで重点的に養成する技能を示しています。
    D:Discussion&Debate P:Presentation
2020年度シラバス
2020年度第1ターム(非開講)
4/8~6/2
中級D.pdf 上級D.pdf
2020年度第2ターム(非開講)
6/3~7/22
中級D.pdf 上級D.pdf
2020年度第4ターム
10/1~11/30
中級D.pdf 上級D.pdf 中上級D.pdf
2020年度第5ターム
12/1~2021/2/3
中級P.pdf 上級P.pdf 中上級P.pdf

授業時間割

2020年度 授業時間割
2020年度授業時間割.pdf
第1ターム 開講日程 4/8~6/2 (非開講となりました)
西千葉のみ
時限
3限 中級D(1) 中級D(2) 中級D(3)
4限 上級D(1) 上級D(2) 上級D(3)
第2ターム 開講日程 6/3~7/22 (非開講となりました)
西千葉のみ
時限
3限 中級D(4) 中級D(5) 中級D(6)

4限

上級D(4) 上級D(5) 上級D(6)
第4ターム 開講日程 10/1~11/30
西千葉
時限
3限 中級D(7) 中級D(8) 中級D(9)
4限 上級D(7) 上級D(8) 上級D(9)
亥鼻
時限
3限 中上級D(1)
松戸
時限
3限 中上級D(2)
第5ターム 開講日程 12/1~2/3
西千葉
時限
3限 中級P(1) 中級P(2) 中級P(3)
4限 上級P(1) 上級P(2) 上級P(3)
亥鼻
時限
3限 中上級P(1)
松戸
時限
3限 中上級P(2)

レベル分け

授業レベルTOEICTOEFL-iBTTOEFL-ITPIELTS求められるスキル
上級 600-800 72-94 530-594 5.5-6.5
  • 時事や社会情勢、アカデミックな話題等様々な種類の文章を理解して、含意を把握できる、議論にも積極的に参加することができる
  • 社会生活を営むため、また学問上や職業上の目的で、言葉を柔軟かつ効果的に用いることができる
中上級 500-690 56-85 483-564 4.5-6.0
  • 自分の専門分野の議論も含めて、抽象的な話題でも具体的な話題でも、文章の主要な内容を理解できる
  • 母語話者とはお互いに緊張しないで普通にやり取りができる
中級 400-595 42-71 440-527 4.0-5.0
  • 仕事、学校、娯楽などで普段出会うような身近な話題について、標準的な話し方であれば主要な点を理解でき、言いたいことが伝えられる
  • 会話を持続させ、友達ともおしゃべりなどを楽しむことができる
  • イングリッシュコミュニケーションの授業は3つのレベルに分けられています。自分の受検した検定試験のスコアに従って授業のレベルを選択してください。
  • 中上級レベルは第4ターム及び第5タームに亥鼻、松戸のみで開講します。西千葉地区での開講はありません。
  • いずれの英語検定スコアもお持ちでない場合は、オンラインレベルチェックを受けて頂く必要があります。
    オンラインレベルチェックの受検方法については[ オンラインレベルチェック受検方法]をご確認ください。

履修方法

申込希望者は授業申込専用サイトでマイページを作成する必要があります。
イングリッシュコミュニケーションの授業科目に関わる申込み、クラス発表、変更・取消の連絡は全てマイページを通して行います。

イングリッシュコミュニケーション
授業申込専用サイト(マイページ)
Step 1

上記サイトにログイン

  • 学生証番号と統合認証システムのパスワードでログインしてください。
  • 初回ログイン時にはユーザー登録が必要です。
Step 2

申込期間中にマイページにログインし、授業申込専用フォームで希望クラスに申込み

Step 3

マイページにて決定クラスを確認

留意事項

  • 決定したクラスについて、各自にて学生ポータル上で履修登録を行ってください。
  • 本科目については、原則「聴講」をお断りしています。学部の履修上限単位を超過する場合は個別にご相談ください。
  • 初回授業において、成績評価に係る重要な資料を配布します。決定したクラスの初回授業には必ず出席してください。