国際日本科目

「国際日本科目」区分は、異文化の理解、日本文化の再確認など、留学に必要な基本的な知識を獲得することを目的とする科目群です。講義を中心とする「講義型」と、受講生の能動的な活動を中心とする「セミナー型・プロジェクト型」の2つの科目群に区分されています。2019年度以前入学者は「ゲートウェイ」区分として履修します。

「国際日本科目」区分の修了要件 (2020年度入学者)

 2020年度以降入学者の「国際日本科目」区分については、最低修得単位は2単位、修了要件単位に算入できる上限単位数は20単位です。

国際日本科目英語留学修了証書
取得要件
講義型 セミナー型
プロジェクト型
英語科目 展開/専門英語 短期留学 長期留学
(単位互換)
2-20 6-10 2-8 4-8 30


「ゲートウェイ」区分の修了要件 (2016~2019年度以降入学者)

 「ゲートウェイ」区分の講義型科目については、最低修得単位は1単位、修了要件単位に算入できる上限単位数は10単位です。セミナー型・プロジェクト型科目については、最低修得単位数の設定はありませんが、上限単位数は10単位です。

ゲートウェイイングリッシュ
コミュニケーション
留学国際体験修了証書
取得要件
講義型 セミナー型
プロジェクト型
短期留学 長期留学
(単位互換)
インターンシップ ボランティア
1-10 0-10 8-24 4-8 2-4 30
  • 2015年度以前入学者の修了要件は上表とは異なります。2015年度以前の国際日本学修了要件の詳細は、PDF版「国際日本学」でご確認ください。

(1)講義型 (2020年度以降入学者)

講義型科目は、普遍教育科目のうち、初修外国語科目、国際科目、教養展開科目の一部にこれに該当する科目があります。世界の中で日本はどのような存在なのか、異なる文化や考えをもつ他者とどのように協力していくのかなど、国際化する社会で生きていくために基礎となる考え方を学びます。また、専門科目及び大学院開講科目の一部にも指定科目があります。 なお、普遍教育科目の国際科目(基礎)は、全て国際日本学の「講義型」区分に指定されています。国際科目(基礎)は2単位必修のため、「講義型」区分については、全ての学生が最低2単位は修得することとなります。(2020年度以降入学者)

  • おすすめ科目: 留学学、世界の中の日本・日本の中の世界、国際社会へのパスポート

(2)セミナー型・プロジェクト型 (2020年度以降入学者)

セミナー型・プロジェクト型科目は、普遍教育科目のうち、国際科目、地域科目、教養展開科目の一部にこれに該当する科目があります。特定のテーマに関して留学生と協働学習を行う科目や、グローバルな環境下で社会体験を行う科目などがあります。アクティブラーニング科目やPBL型科目を中心に構成される科目群で、将来グローバルな舞台で活躍するために、クリティカルに考える力や課題解決能力を育成します。また、専門科目及び大学院開講科目の一部にも指定科目があります。

  • おすすめ科目: ジャパニーズスタディーズ(JS)、グローバル・スタディ・プログラム(GSP)、グローバル・フィールド・ワーク(BOOT)、グローバルインターンシップ、グローバルボランティア