グローバルインターンシップ

国内外の企業、公官庁での就業体験を行います。グローバルに進展する経済の動向や、それに伴う生活の変動について学び、そこで求められる能力や知識を認識し、自らのキャリアについて考えを深めます。
海外プログラムには、海外協定校での2週間程度の研修(言語、文化、歴史等)の後に、企業やNPO法人、公的機関において2週間程度の実地体験を行うものなどがあります。

〇これまでの派遣先:インドネシア(インドネシア大学+インターンシップ企業)
               マレーシア(インターンシップ企業)、インド(インターンシップ企業)
               ハワイ(非営利教育団体での交流プログラムサポート)、香港(旅行会社でのPBL型学習)
               ※PBLとはProject Based Learningの略語で、課題の発見・解決に挑戦する
                実践的な学習形態です。

国際日本学の科目区分について

グローバルインターンシップとグローバルボランティアの授業科目には、国内で実施するプログラムと、海外で実施するプログラムがあります。この科目は、国際日本学の「国際体験」(インターンシップ・ボランティア)に区分されていますが、海外での実習を伴うプログラムに関しては、国際日本学の「留学」(短期留学・長期留学)の区分への読み替えが可能な場合もあります。

 全学教育センター 普遍教育

担当教員: 国際教養学部 崎山直樹  nasastar(アットマーク)faculty.chiba-u.jp

対象者
学部2年生以上 ※1部のプログラム(主に春季実施のもの)については学部1年生も履修可能です。

募集時期

夏プログラム: 4~5月
春プログラム: 10~11月

履修の流れ

  01  夏プログラム:4月~5月
 春プログラム:10月~11月
 ガイダンス開催
 説明会開催

 ・内容説明及び各プログラム詳細の発表
 ※大学院生は2月~3月に科目等履修生
 の申請が必要

  02  夏プログラム:5月中
 春プログラム:11月中

 募集・選考

 ・募集要項を入手し、エントリーシートにて応募
 ・書類選考、面接等による選考を実施
 03  夏プログラム:第2ターム
 春プログラム:第5ターム
 「グローバルインターン
 シップ事前学習」を履修
 ・グローバルインターンシップ履修希望の場合には、
 「グローバルインターンシップ事前学習(1単位)」
 の履修が必須
 04  夏プログラム:8月~9月
 春プログラム:2月~3月
 派遣先での活動  ・各インターンシップ先にて活動
 05  夏プログラム:11月~12月
 春プログラム:5月~6月
 事後学習
 成果報告
 ・報告会や報告書での成果報告を行う
 ・グローバルインターンシップの単位修得に必須
 06  3月  単位修得

   

平成30年度プログラム

夏季プログラム
≪ガイダンス日程≫
■西千葉キャンパス
・日時 4月24日(火)16:10~18:30      4月26日(木)12:10~14:00
・場所 総合校舎G1-202

■松戸キャンパス
・日時 4月27日(金)12:10~12:40
・場所 園芸学部E棟204室

※全日程同内容です。

≪募集要項≫
マレーシアプログラム(PDF)
インドネシアプログラム(PDF)
インドプログラム(PDF)
ハワイプログラム(PDF)



 【問い合わせ先】
  国際教養学部 崎山 直樹
  nasastar(アットマーク)faculty.chiba-u.jp

GI画像.png