グローバルボランティア

2週間程度、国内外のNPO法人、施設、国際機関、フィールドなどで様々な人々と交流し、グローバル社会での自らの課題を発見し、その課題解決のために必要な能力を身につけます。

〇これまでの派遣先:国内または世界各地(例:アメリカ、スリランカ、インドネシア等)

〇これまでの活動内容
・国内プログラム:成田空港での利用者案内、フェアトレードイベントのサポート、
            外国につながりのある子ども達への学習支援、
            日本でボランティアを行うために来日する外国人青年のサポート等
・海外プログラム:環境保護、井戸掘り、インフラ整備、幼稚園での活動、貧困地域での食糧配給の活動等

国際日本学の科目区分について

グローバルインターンシップとグローバルボランティアの授業科目には、国内で実施するプログラムと、海外で実施するプログラムがあります。この科目は、国際日本学の「国際体験」(インターンシップ・ボランティア)に区分されていますが、海外での実習を伴うプログラムに関しては、国際日本学の「留学」(短期留学・長期留学)の区分への読み替えが可能な場合もあります。

 全学教育センター 普遍教育

担当教員 : 国際教養学部 佐々木 綾子 asasaki(アットマーク)chiba-u.jp

プログラム概要
科目名 受講対象
グローバルボランティアⅠ  初心者向けのプログラム。初めてボランティア活動に参加する人はこの科目が対象です。
グローバルボランティアⅡ  グローバルボランティアⅠを既に履修した学生、またボランティアやフィールドワーク等の
 知識・経験がある学生が対象です。
グローバルボランティアⅢ  随行者なしで現地集合・現地解散ができる程度の知識と経験を持った学生が対象です。
 担当教員とプログラム実施団体の面接により適性を判断します。

募集時期

  4月~5月

履修の流れ
  01  4月~5月
 
 ガイダンス開催
 説明会開催

 内容説明及び各プログラム詳細の発表
 ※大学院生は2月~3月に科目等履修生
 の申請が必要

  02  5月中

 募集・選考

 ・募集要項を入手し、エントリーシートにて応募
 ・書類選考、面接等による選考を実施
 03  第2ターム  「グローバルボランティア
 事前学習」を履修
 ・「グローバルボランティアⅠ~Ⅲ」および
  「グローバルボランティア(地域)」履修には、
  「グローバルボランティア事前学習」(1単位)
  の履修が必須
 04  8月~10月  派遣先での活動  ・各ボランティア派遣先にて活動
  ※一部のプログラムは、夏以降に開始し、
    翌年の5月まで活動
 05  10月  事後学習

 ・グローバルボランティアⅠ~Ⅲおよび
  グローバルボランティア(地域)の単位修得
  に必須

 06  11月~12月  成果報告  報告書の執筆、優秀者プレゼンテーション
 07  3月  単位修得

   

≪平成30年度 ガイダンス日程≫
◆日時 4月17日(火) 12:10~12:40
      4月19日(木) 17:40~18:10

◆場所 西千葉キャンパス 総合校舎G1-101

※いずれの日程も同内容です。

≪留意事項≫
ガイダンスにて「グローバルボランティアⅡ」に該当すると説明があったプログラムに関しては、事前に担当教員との面接が必須となりますので、ご留意ください。詳細については教員にご相談ください。

≪問い合わせ先≫
国際教養学部 佐々木 綾子
e-mail:asasaki[アットマーク]chiba-u.jp

★こちらもぜひチェックしてみてください★
■twitter:@chiba_u_gv ■facebook: 「グローバルボランティア」で検索

GV画像.png