【3】留学

ゲートウェイやイングリッシュコミュニケーションで学んだことを、海外に出て実践し、さらなる学びを深める科目です。

重要なお知らせ: 平成28年度入学生より国際日本学修了証書の取得要件が変更されました。
※ 国際日本学の修了証書取得要件は、各年度ごとに異なる場合があります。以下の取得要件表等をよくご確認の上、各自履修計画を立ててください。

平成27年度以前入学生用

ゲートウェイイングリッシュ
コミュニケーション
留学国際体験修了証書
取得要件
講義型 セミナー型
プロジェクト型
短期留学 長期留学
(単位互換)
インターンシップ ボランティア
0-16※1 0-16 8-24 2-12 0-4 0-4 48
1-16※2

※1:平成26年度以前の入学者が該当します。
※2:平成27年度入学者より、1単位以上が必要となります。

平成28年度以降入学生用

ゲートウェイイングリッシュ
コミュニケーション
留学国際体験修了証書
取得要件
講義型 セミナー型
プロジェクト型
短期留学 長期留学
(単位互換)
インターンシップ ボランティア
1-10 0-10 8-24 4-8 2-4 30
(1)短期留学

普遍教育科目としての留学科目
[海外語学研修]
 海外研修英語 (英語科目)
 ・海外研修英語文化 (英語科目)
 ・先進海外研修英語Ⅰ、Ⅱ (英語科目)
 ・初修外国語海外研修 (初修外国語科目)

◆専門教育科目としての留学科目
 専門科目及び大学院開講科目の一部に該当科目が指定されています。

◆その他
 「ゲートウェイ」(セミナー型・プロジェクト型)及び「国際体験」(インターンシップ・ボランティア)区分のうち、海外での実習を伴う科目については、国際日本学における「留学」区分としての申請が可能です。
 
▶「ゲートウェイ」(セミナー型・プロジェクト型)区分
 
[グローバル・フィールド・ワーク(BOOT)]
 
[グローバル・スタディ・プログラム(GSP)]  

▶「国際体験」(インターンシップ・ボランティア)区分
 [グローバルインターンシップ]
 [グローバルボランティア]

 

(2)長期留学

◆協定校への海外派遣留学プログラム
[海外派遣留学プログラム]
千葉大学では、学生交流協定を締結している海外の様々な大学・研究機関との間で、海外派遣留学プログラムを実施しています。協定校・研究機関に1年以内留学するもので、留学期間は卒業に必要な在学期間として認められます。また、留学先の大学で修得した単位は、千葉大学開講科目の単位として申請することができます。留学先で修得した単位が、認定申請により国際日本学指定科目として認められた場合、国際日本学の単位として認定されます。その際、留学で修得した単位が「講義型」や「イングリッシュコミュニケーション」区分に指定されている場合であっても、「留学」区分として申請が可能となる場合があります。
協定校への海外派遣プログラムについては、国際教育センター海外留学支援室で随時相談を受け付けています。

国際教育センター 海外派遣留学window01-05

◆その他
各部局実施プログラムについても、国際日本学における「留学」区分としての申請が可能な場合があります。