国際日本学

skipwiseプログラムでは、グローバル人材として活躍するための道しるべとして、「国際日本学」を設立しました。
「国際日本学」は、グローバル社会で活躍するための素養を身に付けるために必要な科目を、バランスよく設定した学問です。

教育目標

国際日本学では、知識準備(Knowledge Reserve)と高流動性(High Mobility)型人材の育成を目標に掲げています。知識準備とは、海外で物怖じすることなく積極的に対応するためのコミュニケーション能力の育成、自ら考え自ら学ぶアクティブラーニングの実践を意味します。高流動性とは、複数回の短期留学により多様な文化や学習を経験するとともに、実践的な社会経験による人間性の醸生を行うものです。

カリキュラムと4つの科目区分

国際日本学のカリキュラムは、普遍教育科目と専門教育科目を横断して構成されています。普遍教育科目と専門教育科目の中から、国際日本学の主旨に合致した科目を対象科目に指定しており、所定の修了要件に応じて卒業・修了時までに必要単位を修得すると、千葉大学において「グローバル人材として活躍するための基礎知識を得た」ことを証明する修了証書が授与されます。
また、国際日本学の指定科目は、それぞれの科目の特性に応じて「ゲートウェイ」、「イングリッシュコミュニケーション」、「留学」、「国際体験」の4つの科目区分に分類されています。

4 categories.png

履修要件

2016年度以降入学者の国際日本学修了要件は30単位で、下表に基づいて所定の修了要件を満たした場合、卒業・修了時に修了証書が取得できます。
2015年以前入学者の修了要件はこれとは異なり、48単位となります。2015年度以前の国際日本学修了要件の詳細は、PDF版「国際日本学」でご確認ください。

・2016年度以降入学者の国際日本学修了要件

ゲートウェイイングリッシュ
コミュニケーション
留学国際体験修了証書
取得要件
講義型 セミナー型
プロジェクト型
短期留学 長期留学
(単位互換)
インターンシップ ボランティア
1-10 0-10 8-24 4-8 2-4 30

履修の流れ

  • 国際日本学のMoodle登録方法
  • 修得単位の管理方法
  • 修了認定申請

【1】ゲートウェイ

ゲートウェイは国際日本学のいわば入門科目で、異文化を理解すること、日本文化を再確認すること、留学に必要な基本的情報を学ぶ科目群です。

【2】イングリッシュコミュニケーション

イングリッシュコミュニケーションは、英語でのコミュニケーション能力を高めることを目標とする科目です。

【3】留学

ゲートウェイやイングリッシュコミュニケーションで学んだことを、海外に出て実践し、さらなる学びを深める科目です。

【4】国際体験

「グローバルインターンシップ」、「グローバルボランティア」は国際的な展開をしている企業や団体での実践的な活動を通して、語学力、コミュニケーション能力、行動力などに磨きをかけ、将来グローバルに活躍するための経験や能力を学ぶ科目です。